FC2ブログ

2020J1順位予想

ここでは、「2020J1順位予想」 に関する記事を紹介しています。
2月16日付でサッカーコラムJ3+さんに提出した2020J1順位予想を。
それっぽいコメントとともにどうぞ。

 01位:川崎フロンターレ
 02位:横浜Fマリノス
 03位:鹿島アントラーズ
 04位:セレッソ大阪
 05位:柏レイソル
 06位:ガンバ大阪
 07位:FC東京
 08位:サンフレッチェ広島
 09位:北海道コンサドーレ札幌
 10位:名古屋グランパス
 11位:ヴィッセル神戸
 12位:浦和レッズ
 13位:大分トリニータ
 14位:ベガルタ仙台
 15位:清水エスパルス
 16位:横浜FC
 17位:サガン鳥栖
 18位:湘南ベルマーレ

上位争いは川崎F・横浜FM・鹿島・C大阪・柏・G大阪・F東京の7チーム。
昨年上位ながら国内に集中でき、継続性もある川崎Fを優勝と予想した。
残留争いは仙台・清水・横浜FC・鳥栖・湘南がメインになりそう。

札幌は主力の放出はなく、加入は外国籍選手と大卒のみで継続路線。
力のある選手が揃った前線だが、さほど勝点や得失点差をプラスにできていない。
昨季は8-0で勝つ試合があれば、0-5で負ける試合もあり、波が激しかった。
若手の成長、継続性でパワーアップできるか。

仙台は6シーズン率いた渡邉監督が退任し、木山監督が就任。J2では実績十分だが、J1初挑戦となる。
永戸・大岩・石原・ハモンロペスらを放出、吉野・クエンカ・赤崎・ゲデス・パラらが加入。
ただ、期待の新戦力であるクエンカ・ゲデスが離脱するなど、現時点で怪我人が非常に多い。
経営事情を考えると、夏の補強は期待しづらい。序盤戦がカギになりそう。

鹿島はザーゴ新監督の元、杉岡・永戸・奈良・広瀬・和泉とJ1レギュラークラスを相次いで獲得。
ブラジル人2人や高卒新人4人も期待できる。退団はセルジーニョ・チャンスンヒョンら。
ACLプレーオフでは敗戦も、過密日程回避でJ1にはプラスになるだろう。
ザーゴスタイルはこれまでの鹿島から大きくは離れていないようにも思えるが、早期浸透なるか。

浦和は昨季、リーグ戦は不振だったが、大槻監督は続投。選手の入れ替わりも少なかった。
否が応でも、昨季J2得点王のレオナルドとオーストラリア代表のトーマスデンには期待が高まる。
ただ、30代の選手を多く抱えており、世代交代もあまりうまくいっていない印象。
今年はACLがないとはいえ、苦しいシーズンになりそう。4季連続のシーズン途中での監督交代もありそうだ。

はキムスンギュ・高橋・北爪・仲間・呉屋などJ1レギュラークラスやJ2屈指の選手を多く獲得。
放出は出場機会の少なかった若手中堅を武者修行に出した程度で、J1仕様の戦力に仕上げてきた。
昨季は前半戦大苦戦も、夏以降は前線が大爆発し、終わってみれば優勝。
加入組が早々にチームに解け合い、前半戦から躍進できれば、2011年の再現も夢ではない。

F東京は昨季はシーズン通して優勝争いを牽引するも、終盤戦で勝ちきれず優勝を逃した。
オジェソク・岡崎・大森らが移籍、ジョアンオマリ・アダイウトン・レアンドロらが加入。
実績がある外国籍アタッカー2人には期待がかかる。彼らをチームにどう組み込むのか、楽しみ。
ただ、ACLを踏まえると、最終ラインの層が少し薄いか。若手の台頭にも期待。

川崎Fは奈良・阿部・知念らが移籍。加入は山根、大学生屈指の旗手・三苫ら。
今季はACLがなく、戦力はやや落とす形になったが、それでも選手層はかなり厚い。
また、ポテンシャルの高い大卒選手を多く獲得するなど、新たなサイクルの準備も始まっている。
若手を育てながら勝つことができるのか。それで優勝できれば黄金期はまだまだ続きそう。

横浜FMは広瀬・マテウスらが退団、水沼・仙頭・オナイウなどが加入。
前線はかなり層が厚いが、中盤より後ろはACLを戦う上で、少し心配が残る。
クラモフスキーヘッドコーチの退任も気がかりだ。
とはいえ、的確な補強ができるクラブなので、そんな不安も杞憂に終わりそう。

横浜FCは北爪の移籍は大きいが、それ以上の流出は留められた印象。
補強は志知・一美など。J1での実績こそ少ないものの、ポテンシャルの高い選手を集めた。
このチームは経験豊富なベテランが多く、彼らが年間通して活躍できるかがカギとなるだろう。
基本は残留争いになりそうだが、策略家の下平監督なので、昨季の大分のような躍進も期待できる。

湘南は秋元・杉岡・フレイレ・山根・菊地・山崎ら主力が相次いで移籍。
補強は馬渡・福田・茨田・岩崎・石原・タリクなど。湘南スタイルに合いそうな選手が集まった印象。
昨季は曺貴裁監督(当時)のパワハラ問題発覚以降、公式戦1勝5分7敗と不振にあえいだ。
浮嶋監督がチームを立て直し、新たな湘南スタイルを築けるか。

清水は昨季ヘッドコーチとして横浜FMの優勝に貢献したクラモフスキーを監督に招聘。
二見・松原・ドウグラスらが移籍、奥井・金井・ティーラシンらが加入。外国籍選手が多く加入している。
これまで堅守速攻寄りのチームだったが、攻撃的サッカーへの転換を図る模様。
即効性はないので我慢の年になりそうだが、我慢できるか。

名古屋は和泉・赤崎らが移籍、稲垣・阿部・山崎らが加入、マテウス・相馬が復帰。
昨季は夏前から大失速。秋に風間監督を解任し、フィッカデンティ監督が就任したが復調せず。
今季はしっかり整備してくるだろうが、その中で攻撃力を発揮できるか。
個人的にはフィッカデンティ監督は及第点の成績を残すイメージがあり、この位置に。

G大阪
は昌子・新里・小野らが加入、オジェソクが復帰、高江らが移籍。
流出を最小限に留めながら、地味に大型補強に成功。今季は開幕から宇佐美・井手口がいるのも心強い。
ただ、宮本監督になってから、スロースターターの傾向があるのが気になるところ。
春先から結果が出せれば、優勝争いも期待できるのではないか。

C大阪はソウザ・水沼らが退団。小池・豊川・坂元らが加入。
昨季はロティーナ監督が就任し、リーグ最少の25失点と守備はさらに強固になった。
一方で得点数が伸び悩んだ。前線には力のある選手が揃っているが、ゴール数が伸びず。
誰もが認める絶対的エースが出てくれば、優勝も見えてきそうだ。

神戸はビジャ・那須が引退、ポドルスキらが退団。補強の目玉はドウグラスだが、FPが23人しかいない。
天皇杯優勝でACLに参戦するが、選手層は昨季終了時点と比べ、薄くなっていると言わざるを得ない。
昨季はフィンケ監督が就任し、酒井・フェルマーレンが加入した夏以降は改善したが、所々脆さもあった。
主力が揃えば強いのは間違いないが、現状は不安が大きい。個人的に今季一番予想が難しいクラブ。

広島はサロモンソン・吉野・稲垣らが移籍。櫛引・エゼキエウらが加入。
ACLを戦った昨季からはやや戦力ダウン。堅守を支えるボランチやCBの層の薄さは気がかり。
ただ、今季は国内での戦いに専念できるので、さほど問題にならないだろう。
城福監督が欲を出して迷走に入らなければ、大崩れはないのではないか。

鳥栖は高橋祐・三丸・福田・クエンカ・小野ら主力級が多く移籍。加入は守田・小屋松・レンゾロペスら。
補強というより補充で精一杯の印象。初めてシーズン開始から指揮を執る金明輝監督の手腕が問われる。
経営は2年連続赤字の見込み。2年連続でユニスポンサーが離れるなど、経営の歪が出ている。
8年連続でJ1残留を果たし、経営規模も大きくしてきたが、クラブは正念場を迎えている。

大分はオナイウらが退団。資金力が乏しいクラブながらもレギュラー格を多く残せた。
加入は高澤・知念など。J1での実績は乏しい選手が多いが、興味深い選手が集まった。
昨季は前半戦好調で上位争いに絡むも、藤本の移籍などで後半戦は失速。今冬にオナイウも移籍。
FWが結果を残せないと厳しいシーズンにもなり得る。戦略家の片野坂監督はどう乗り切るか。



□注目クラブ
ヴィッセル神戸
→遂にACL参戦。過密日程を乗り越えられるのか。

サガン鳥栖
→いろいろな意味で正念場。


□注目選手
浜崎拓磨(仙台)
→水戸から移籍。右足を武器に出場機会を得られるか。


□ブレイク期待の若手選手
荒木遼太郎(鹿島)
→高卒新人ながら、PSMで活躍。やりそう。


□好きな選手(好きだった選手)
保崎淳(アヴェントゥーラ川口)
→初めてサッカーを見に行った試合で活躍。
 サッカーを応援するきっかけ。

輪湖直樹(福岡)
田中雄大(秋田)
佐藤和樹(八戸)
浜崎拓磨(仙台)
→その後も水戸の背番号3をつける選手を応援。
 水戸の3番は出世枠だと勝手に思っている。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://bitto.blog.fc2.com/tb.php/9320-abae0bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック